パーフェクトワールド(ドラマ)3話のネタバレ感想とロケ地視聴率!!

長年の片思いを実らせ、樹(松坂桃李)と付き合うことになったつぐみ(山本美月)。

かわいいわんこのチャコも加わり、見る人の心を和ませてくれますね。

パーフェクトワールドのチャコの犬種は?

今回はドラマ「パーフェクトワールド」3話のネタバレと感想、ロケ地視聴率について紹介します。

つぐみと樹のパーフェクトな外見とともに、キュンキュンな世界をお楽しみください。

パーフェクトワールド(ドラマ)3話のあらすじと予告動画

↓パーフェクトワールド(ドラマ)3話の予告動画

↓パーフェクトワールド(ドラマ)3話のあらすじ

自分の幸せために、つぐみ(山本美月)を犠牲にはできないと、一度はつぐみの想いを拒絶した樹(松坂桃李)。

しかし、すべてを受け入れると覚悟を決めたつぐみに、樹はあきらめたはずの恋愛をもう一度してみようと思い直す。晴れて付き合うことになった2人は、江の島へ出かけたり、樹の部屋で休暇の予定を相談したりと、恋人らしいデートを重ねる。

一方、つぐみにプロポーズすることまで考えていた洋貴(瀬戸康史)は、初恋を実らせたつぐみを祝福するが、内心では大きなショックを受けていた・・・。

あらすじの続きは公式ページへ

☆3話を見逃してしまった方、まだ見ていない方はこちら
パーフェクトワールドの動画2話の無料見逃し配信を見る

☆1話2話を無料で見返したい方はこちら
パーフェクトワールド動画1話2話の無料視聴や見逃し配信方法を詳しく解説!

パーフェクトワールド(ドラマ)3話のネタバレ!つぐみと樹に大きな試練?

「パーフェクトワールド」ドラマ3話ネタバレを含めたあらすじを以下にまとめました。

一度は諦めかけた恋。つぐみは素直な想いを告白し、樹の彼女としてお付き合いがスタートすることに。

これから2人を待ち受ける障壁とは一体…?

ネタバレ1:樹「デート、する?」

樹が所属する渡辺設計事務所と、つぐみが働くクランベリーズとの合同ミーティング。

設計について説明する樹を恋する乙女の表情で見つめるつぐみ…。

そんなつぐみを見て樹は照れたのか、思わず吹き出してしまう。

樹の上司の渡辺も、つぐみの上司の東もほかの同僚たちも、2人を温かく見守ることに…。

付き合い始めたといっても、デートらしいデートをしたことのないつぐみと樹。

思い切って樹はつぐみをデートに誘うことに。

「デートする?」

つぐみは大好きな樹との初デートに心を躍らせる。

会社帰りにふと樹の目に留まったショーウィンドーのネックレス。

樹は大事な彼女のために店に入ることに…。

つぐみと樹は江の島へ!

デート当日、張り切ってお弁当を作るつぐみ。

お弁当なら好きなところで食べれるというつぐみに対して、現実主義者の妹のしおりは「めんどくさい」と素っ気ない。

だが、しおりに何を言われても嬉しいつぐみだった。

つぐみと樹は江の島へ。

水族館で自由に泳ぎ回る魚たちを見たり、食べ歩きを楽しんだり…

2人は普通のカップルと同じように楽しんでいる。江の島は車いすに優しい場所だ。

つぐみは三段重のお弁当を出すと、デートでお弁当は初めてだと喜ぶ樹。

そして胸ポケットから小箱を取り出しつぐみに渡す。

「付き合い始めの記念」と言う樹。

つぐみが喜んで小箱を開けると、そこにはつぐみのイメージにぴったりのピンクの花のネックレスが…。

「大事にするね」というつぐみ。
「オレも大事にする」と答える樹。

江の島のおだやかな海も、青い空も、2人を応援しているようだった。

樹「GWどうする?」

樹の家で掃除をするつぐみ。チャコが来てからは犬の毛も掃除しなければならない。

話の中で、ヘルパーの長沢も掃除などを手伝っていることを知るつぐみ。どことなくおだやかではない。

そしてGWはつぐみも樹も長野に帰省することに。

あくびを何度もする樹に「眠いなら寝ててもいいよ」というつぐみ。

「一緒に寝る?」という樹。戸惑うつぐみ…そんなつぐみを見て樹は「じょーだん」と優しく微笑む。

2人はソファで肩を寄せ合い、幸せをかみしめていた。

しおりと晴人の出会い

ミニスカートをはきさっそうと歩くしおり。その先にいたのは、樹の同僚の晴人だった。

しおりは“みお”と名乗り、レンタル彼女のバイトをしている。もちろんつぐみは知らない。

2人はカラオケデートで盛り上がり、晴人はみお(しおり)にまた会いたいと言う。

みお(しおり)もまんざらではない様子…。

だが、晴人がしりもちをついて義足が見えてしまう。

晴人は急いで隠し平静を装うが、みお(しおり)はかなり引いている。

そこにみお(しおり)に会社から電話が。「今終わりました。延長はありません」と答えるみお(しおり)。

レンタル彼女が終了したみお(しおり)が立ち去ると、晴人は寂しそうな表情に。

明るくふるまっているが本当は恋愛に臆病だった。

ネタバレ2:樹、つぐみ、しおりの3人で帰省

樹とつぐみ、そしてしおりの3人で帰省することに。

車内ではつぐみとしおりの口喧嘩が始まる。

それを聞きながら一人っ子の樹はうらやましいと微笑んでいる。

しおりは、つぐみが父親から溺愛されていること、過保護であることなどを話す。

「うちの親には会うんですか?」と質問するしおり。

「今日は会わない」と答える樹。

つぐみは、父は市役所の福祉課に勤めているので、障害に関して理解があると話す。まるで自分を納得させるかのように…。

波乱の幕開け

つぐみの実家に到着すると…父の元久の姿が。車いすの樹は車内から挨拶をする。

が、元久は車から降りない樹を怪訝そうな表情で見ていた。

久しぶりに4人そろった川奈家。

母の咲子は料理をふるまい、つぐみとしおりも手伝う、親子水入らずのにぎやかな時間だ。

元久は樹のあいさつの仕方を礼儀知らずだと言い放つ。

つぐみは樹が侮辱されたようで我慢できずに「簡単じゃないの、車いすだから」と言い返す。

驚く元久と咲子。元久は友達ならいいが付き合うのは反対だと強く主張。

だがつぐみは引かない。「付き合うのに、障害があるないは関係ない!」と言い返す。

怒って席をたつ元久。父を怒らせたことに不機嫌になるしおり。感情が収まらないつぐみ。咲子は落ち着いた声で

「好きなだけじゃどうにもならないことが出てくるよ」
「子供は作れるの?真剣に付き合うのなら子供のことも話すべき」

と話す。

実家に帰り、現実問題に直面するつぐみだった。

樹と母の日常

樹も実家で母の文乃と親子水入らずの時間を楽しんでいる。

食べきれないほどの料理を作って樹をもてなす文乃。

今日は文乃の恋人は来ないようだ。樹と文乃を2人にするために…。

樹は母に籍はいれないのかと尋ねる。

だが文乃は「私の結婚よりあなたの結婚。孫も夢じゃない」と言う。

文乃はまた樹が恋愛していることが嬉しい。母親として自分よりも息子の幸せが大事なのだ。

同じく帰省している是枝。偶然コンビニで樹の元カノの雪村美姫に出会い、プチ同窓会を開くことに。

好きなら絶対にあきらめないで

久しぶりに地元で会うことになった、樹、つぐみ、雪村、是枝。

高校時代の話で盛り上がる4人。雪村はすっかり樹のことを吹っ切っているようだ。

樹は車から降りずにつぐみの父に挨拶したことを気にしている。

「今度はちゃんと挨拶するから」という樹に、「まだ早いよ!」と珍しく強い口調で答えるつぐみ。つぐみは気まずくなり席を外す。

つぐみがトイレでボーっとしていると…雪村が。

「あなた、高校の時から樹のこと好きだったでしょ?」
「私と同じことで悩んでいるんじゃないかなと思って」

そういって、つぐみの心を開いていく雪村に、父が反対していることを話す。

雪村は過去を振り返りながら、自分の両親もそうだったことを話す。

そして「あなたはあきらめないで。好きなら絶対にあきらめないで」と告げる。

雪村は自分と同じ後悔をつぐみにしてほしくない。

樹が好きだからこそ、つぐみと幸せになってほしいのだ。

いまでも雪村の中で樹は特別なのだろうか…。

ネタバレ3:是枝の嫉妬

つぐみと雪村が話している間…

樹は、トイレがカテーテルであること、下半身に感覚がないから痛くないこと、

是枝は、つぐみの父は娘を溺愛していることなどを話す。

是枝が少し席を外した際、樹は車いすからバランスを崩して転落してしまう。近くに転がってきたボールをとってあげようとしたのだ。

急いで駆けつける是枝、大丈夫だと言いながら車いすに乗ろうとする樹。

そこにつぐみと雪村が戻ってきた。

つぐみは自分のせいだと言いながら、まるで大切なものを守るかのように、樹を心配し、体をさする。

そんなつぐみと樹を見て、是枝の中で嫉妬心が芽生えていく…。

父との確執

つぐみが帰宅すると…元久は慌てて薬を隠し、新聞を読むふりをする。

つぐみは言い合いになったことを謝るが、好きだから一緒にいたいと正直に話す。

元久は、地元に帰り結婚するのがいやだから、樹とつきあっているのでは?と言う。

つぐみは激高し、いい加減な気持ちでつきあっているわけではない、地元に帰らないと言い返す。

咲子は元久をなだめつつ、強がらずに病気のことを話すよう促す。しかし元久は聞く耳をもたない。

つぐみは一日早めて帰ることに。

これ以上父と争いたくない…。

咲子は心配しつつも、つぐみの想いを温かい心で見守ることに。

つぐみの焦り

帰宅した樹とつぐみ。

そこには長沢がいた…。

一瞬戸惑うつぐみ…。

チャコを囲んで楽しそうな樹とつぐみを見て面白くない長沢。

女同士、何かを感じ取っていた。

2人が付き合うことになり、樹が前の恋愛のように傷つくことを不安視している長沢。つぐみは樹から聞き知っていると、彼女として答える。

だが長沢はつぐみに抑えきれない感情をぶつけてしまう。

「あなたが何を知ってるっていうの?

私は苦しみもがいていた姿をずっと見てきた。

簡単に知ってるなんて言わないでほしい!」

つぐみは長沢の強い気持ちから逃げずに聞いていた。

だが、元看護士の長沢はやはり立場が強い。

下半身に神経がない樹は、足元を怪我することが多い。

すぐに手当てをする長沢…つぐみはここでもまた現実に直面していた。

長沢は帰りに「覚悟はできてる?付き合うということは、犠牲にしなきゃいけないこともある」と言う。

つぐみは、私なりにわかっているつもりだと答える。

長沢はつい、つぐみに強い口調になってしまうことを後悔していた。「嫁いびりみたい…」大きくため息をついた。

長沢は恩人

つぐみは樹に鍵のことを話す。

「家の鍵はヘルパーさんに渡しておくもの?」

万が一のためと言う樹だが、帰宅して突然長沢がいたらつぐみも落ち着かないはず。

今後は長沢には連絡してきてもらうとつぐみを安心させる。

樹は「長沢さんは特別な人、川奈にもわかってほしい」と話す。

過去に、樹が自殺しようとしたとき、長沢は樹を慰めるのではなく、強く叱責した。

「どうして死にたいの?まだ喋れるじゃない、目も耳も手も…頭もしっかりしている」

「歩けなくてもできることは山ほどある。リハビリ始めたら変わるから。私が保証する」

「死ぬのはできること全部試してからでも遅くない」

「それでも死にたいのなら勝手にして。私は手伝わない」

突き放されたような樹…でも同時に長沢の愛情も感じていた。

そこから壮絶なリハビリが始まり、渡辺設計事務所の渡辺剛とも出会う。

建築士の夢を捨てずに叶えることができたのは、長沢、そして渡辺剛の理解があったから。

「自分にしかできないことがある」

長沢は樹に生きる希望を与えた。

壮絶な過去を振り返る樹を、つぐみは黙って受け止めていた。

ネタバレ4:長沢の過去と現在

長沢は一人自宅にいる。
目の前には夫が記入した離婚届け…。

長沢もまた過去を振り返っていた。

看護師として働いていた頃、晴人にも彼女がいた。

長沢は樹に恋愛について聞くと、樹は恋愛する暇があるのなら、大学に戻って資格をとり、バリアフリー専門の建築士になりたいと答える。

自殺することばかり考えてた樹が前向きに夢に向かって生きている…長沢は看護師冥利を感じていた。

同時に、寂しさも感じていた。私の手から離れていってしまうのだろうか…。

病室のベッドで眠る樹…。

長沢は樹にそっとキスをする。

その頃長沢はお見合いで出会った男性と結婚を控えていた。

樹への愛に気づいた長沢のさよならのキス。

ハッと我に返り、病室を後にした長沢。

そんな過去を思い出しながら、離婚届に記入する。

長沢の人生はどこへ向かおうとしているのか…。

となりにいたい…

樹はつぐみに遅くなったから帰るよう促すが、つぐみは「帰らなきゃだめ?」と答える。

樹に抱き着くつぐみ。だが樹は謝るしかなかった。

「これ以上は無理なんだ…」

身体の関係を持てない樹は、情けない思いでいっぱいに。

だがつぐみは、何もしなくていい、ただとなりにいたいと言う。

男として何もできない樹の心を抱きしめるつぐみ。

つぐみがほしいのは樹の愛…。

樹の腕の中に包まれるつぐみ。2人は月明かりの中で優しく唇を重ねあった…。

チャコもベッドの隣で夢の中…。2人の穏やかな愛情を感じ取りながら…。

つぐみのためなら

つぐみの樹への強い愛情を感じ、一人落ち込む是枝。

そこにつぐみから電話が…。

樹のパソコンが故障したため、みてほしいという。

是枝は、高校のころからパソコンおたくで、彼の強みの一つ。

嫉妬しつつも頼みをきくことに。

つぐみが買い物に行っている間、黙々とパソコンを修理する是枝。

是枝は一人の男として樹に宣戦布告する。

「つぐみのためだったら、いつだってとんでくる」

「つぐみが困っていたら、つぐみが泣いていたら…いつだって」

「お前らがこうなるずっと前からこうしてきた」

是枝の思いを知り驚く樹。

パソコンの修理が終わり樹の家を出ると、つぐみも帰ってきた。

是枝はつぐみにも気持ちを爆発させる。

「なんでそんなに必死なんだよ!」

「なんであいつのことばっかりなんだよ!」

つぐみを強く抱きしめる是枝。

「離して…」と言うのが精いっぱいのつぐみだった。

一方、家の中にいる樹は、是枝の言葉が頭の中を駆け巡っていた…

「つぐみを悲しませたら許さない、ただじゃおかない。オレはつぐみが好きだ」

つぐみ、樹、是枝…それぞれの思いはどうなる…?!

☆パーフェクトワールドのネタバレ記事はこちら
パーフェクトワールド(ドラマ)2話の感想とネタバレ!ロケ地と視聴率も!
パーフェクトワールド(ドラマ)1話ネタバレと感想!ロケ地や視聴率は?

パーフェクトワールド(ドラマ)3話の3つの感想

反対されたり、現実を突きつけられたりと、胸が苦しくなる展開でしたね。

「パーフェクトワールド」ドラマ3話の自由な感想をまとめました。

感想1:雪村美姫はつぐみの味方?

きつめの美人の雪村美姫。今後、つぐみと樹の邪魔をする存在なのかと想像していましたが…違いました♪雪村はつぐみの味方になってくれそうです。

周りの反対で、樹への愛情を貫けなかったことを今でも悔やんでいる雪村。

同じ男性をすきだからこそ、つぐみの苦悩がわかるのですね。

雪村にとって樹は特別な存在。だから結婚前に「今でも好き」と告白したんですねぇ…。

女の正直さとずるさを垣間見る気がしました。

感想2:長沢の強さに勝てる?

長沢はとにかく強い。看護師としても一人の女性としても…何が彼女をそうさせたのか気になります。

長沢は自分の弱さを絶対に見せたくない。強くいることで自分を保っている気がします。どこか寂しさを常に感じているのでしょうか。

厳しくすることで相手の強さを引き出していく長沢。それは樹に対してだけでなく、つぐみにも…。

今は嫉妬も重なりつぐみに厳しく当たっている長沢ですが、つぐみの強い愛情をさらに引き出していきそうで楽しみです。

長沢によってつぐみも成長していくのではないでしょうか。

感想3:容赦しない現実

好きなだけじゃ乗り越えられない問題が出てくる…つぐみの母・咲子の言葉がこだまします。

今後は、是枝の存在も“容赦しない現実”の一つになってきそう。

ずっと温めてきた思いを吐露した是枝。もう怖いものなしってところでしょうか。

ずっと敵わないと思ってきた樹が車いすになり、自分の中の遠慮がなくなってきた感じですね。

現実は決して手を緩めることはありません。つぐみと樹が今後どうやって乗り越えていくのか、大きな見どころとなりそうですね。

パーフェクトワールド(ドラマ)3話のロケ地一覧!

ドラマ『パーフェクトワールド』では、水族館や神社、海や公園など松坂桃李と山本美月のデートシーンで色々なスポットがロケ地として使われていましたね(^^♪

☆パーフェクトワールドの3話のロケ地

■リンクスオブロンドン青山店(宝石店)
■新江ノ島水族館
■江ノ島のたこせんべい屋「あさひ本店」
■片瀬西浜海水浴場
■江島神社
■シェイクシャック(外苑いちょう並木店)
■埼玉県営和光樹林公園
■イムス板橋リハビリテーション病院

☆3話のロケ地のシーンや住所、アクセス方法などの詳しい情報はこちら
パーフェクトワールド(ドラマ)のロケ地撮影場所はどこ?(1話2話3話)

パーフェクトワールド(ドラマ)3話の視聴率速報!

パーフェクトワールド(ドラマ)3話の視聴率は6.0%でした(^^♪

2話と比べると、0.2%視聴率が上がっていますが、1話よりは低いですね。

パーフェクトワールド(ドラマ)4話のあらすじと予告動画

↓パーフェクトワールド(ドラマ)4話の予告動画

↓パーフェクトワールド(ドラマ)4話のあらすじ

樹(松坂桃李)と葵(中村ゆり)の間に、自分が入り込む余地はないことを悟り始めた、つぐみ(山本美月)。

それでも、恋人として樹と過ごす時間はなにより幸せで、つぐみは次第に、自分が葵に代わって樹を支えたいと思うようになる。

一方で、つぐみが献身的に樹を想えば想うほど、洋貴(瀬戸康史)の一途な想いも膨れ上がり、つぐみを思わず抱きしめてしまう。

洋貴はついに「俺はつぐみが好きだ」と樹に宣戦布告をする・・・。

4話のあらすじの続きは公式ページで!

パーフェクトワールドの3話のラストシーンで洋貴(瀬戸康史)はつぐみを抱きしめましたね。

4話では、ついに樹に宣戦布告することになるそうです。

つぐみは初恋の相手・樹と幼馴染の洋貴どちらを取るのでしょうか?

パーフェクトワールド3話のネタバレ感想まとめ

「パーフェクトワールド」ドラマ3話ネタバレと感想とロケ地と視聴率について紹介しました。

現実的であまりかわいげのないしおりちゃんも、そのうちつぐみに感化されて素直になっていくのかな。姉に嫉妬している奔放なしおりの変化も楽しみです。

それから「パーフェクトワールド」のもう一人の主役、チャコちゃんの無邪気な動きにも期待しましょう。

以上、「パーフェクトワールド」ドラマ3話ネタバレと感想、ロケ地と視聴率について紹介しました。