パーフェクトワ ールド(ドラマ)の主題歌とテーマ曲 について

2019年4月から始まる新ドラマ『パーフェクトワールド』。

 

ドラマを見る上で重要になってくるものの1つに「音楽」があるのではないでしょうか?

 

注目の主題歌はもちろん、作中のテーマ曲でより一層ドラマの世界観に浸ったり…

 

音楽は、ドラマの印象を決める要素となるのでは?と思います。

 

今回は、ドラマ『パーフェクトワールド』の主題歌とテーマ曲について調べました。

パーフェクトワールド(ドラマ)の主題歌は菅田将暉と米津玄師!
パーフェクトワールド(ドラマ)のロケ地撮影場所はどこ?
パーフェクトワ ールド(ドラマ)の原作とあ らすじキャストは?

パーフェクトワールドの音楽テーマ曲担当は誰?

今回ドラマの音楽テーマ曲を担当されるのは、菅野祐悟さんです。

 

私自身、ほとんど作曲家さんについて詳しくなく…菅野さんについて色々調べてみました。

 

皆さんお馴染みのあの曲を担当したりと多方面で活躍されている作曲家さんということが分かりました!

1977年生まれの菅野さんは、音楽好きな家族に囲まれ、幼少期からジャズやクラシックを聴いて育ちます。

 

その後、4歳からピアノを習い始め、東京音楽大学音楽学科作曲指揮専攻作曲科映画放送音楽コースに入学されるまで、様々な楽器に触れ才能を磨かれてきました。

 

高校生の頃から本格的に作曲のレッスンを始められた菅野さん。

 

その努力は才能として早々に開花し大学在学中の頃からアーティストや映画、CMへの楽曲提供を始めます。

 

卒業後は、現在まで使用され続けているCMサウンドロゴを制作されました。

 

これが実に有名なものばかりで!聴いたことがない方はいないと思います!

 

【菅野さん制作 CMサウンドロゴ】

・森永 → モリナガ♪
・新ビオフェルミンS→ シ
ンビオフェルミンエッス♪
・HOYU → ホーユー♪

など。

どれも皆さん聴いたことがあるのではないでしょうか?^ ^

 

菅野さんのドラマ劇伴デビューは、2004年放送の月9ドラマ「ラストクリスマス」です。

その後も映画・ドラマ・アニメーション・ドキュメンニメーション・ドキュメンタリー等の音楽制作をされ、幅広く活躍されています。

 

また、上記のメディアを通した作曲活動の他に、〝生の音楽を聴いてほしい〟という強い思いから、オーケストラによるコンサート活動を開始。

 

こちらも2007年にサントリーホールで初のオーケストラコンサートを開催してから、毎年開催されるほどのご活躍です。

 

2015年には、アメリカ合衆国シアトルにてシアトル交響楽団と東日本大震災の復興をテーマにしたコンサートを実施。

 

2016年4月には交響曲第1番~The Border~を関西フィルハーモニー管弦楽団の定期演奏会において世界初公演されました。

 

【受賞歴】

・第19回日本映画批評家大賞映画音楽アーティスト賞 (2010年「アマルフィ 女神の報酬」)

・日本シアタースタッフ映画祭音楽賞(2010年「アマルフィ 女神の報酬」)

・月間ギャラクシー賞 (2014年5月 劇伴作曲家として)

・第52回ギャラクシー賞テレビ部門奨励賞(2015年6月 劇伴作曲家として)

以上が菅野さんのご紹介となります。

 

音楽に対しての熱い思いを持ち、常に新たなことに目を向けてチャレンジされている方という印象ですね。

 

次に、数々のご活躍の中から、今まで担当された映画やドラマをご紹介したいと思います。

 

多くて抜粋するのが難しいです…!

 

【担当されたドラマ一覧】

ラストクリスマス (2004年)
ホタルノヒカリ (2007年)
ガリレオ (2007, 2013年)
ガリレオ (2007, 2013年)
SP 警視庁警備部警護課第
四係 (2007-2008年)
Mr.Brain (2009年)
不毛地帯 (2009-2010年)
新参者 (2010年)
謎解きはディナーの後で(2011年)
安堂ロイド~A.I. knows LOVE?~ (2013年)
NHK大河ドラマ 軍師官兵衛 (2014年)
MOZU Season1,2 (2014年)
昼顔~平日午後3時の恋人たち~ (2014年)
花咲舞が黙ってない(2014-2015年)
銭の戦争 (2015年)
アイムホーム (2015年)
ヒガンバナ~警視庁捜査七課~ (2016年)
ラヴソング (2016年)
カインとアベル (2016年)
東京タラレバ娘 (2017年)
櫻子さんの足下には死体が
埋まっている (2017年)
ウチの夫は仕事ができない(2017年)
刑事ゆがみ (2017年)
FINAL CUT (2017年)
NHK連続テレビ小説 半分、青い。 (2018年)
パーフェクトワールド(2019年)

など。

10年間で約40番組以上手がけられています。

こう並べてみると、どれもよく話題となったドラマですね!

 

【担当された映画一覧】

・2010年 SP野望篇
・2011年 SP革命篇
・2012年 麒麟の翼~劇場版・新参者~、ホタルノヒカリ、踊る大捜査線 THE FINAL 新たなる希望
・2013年 真夏の方程式、謎解きはディナーの後で
・2015年 劇場版PHYCO-PASS サイコパス、劇場版MOZU、レインツリーの国
・2016年 高台家の人々、僕の妻と結婚してください
・2017年 3月のライオン、BLAME!、昼顔、亜人、ラストレシピ~麒麟の舌の記憶~
・2018年 祈りの幕が下りる時、曇天に笑う

 

ドラマ劇伴を多数手掛け、映画もこんなに担当されています…!想像出来ない忙しさです(o_o)

 

「SP」のようにドラマを担当し、映画も担当されるというパターンも何作品かありますね!

 

それだけ評価が高かったことが分かります(*^^*)

 

菅野さんが手掛けた作品は、音楽がそのシーンや登場人物の心情にぴったりと評判です。

 

このように評価され、活躍されている菅野祐悟さんが『パーフェクトワールド』ではどのような世界観を作り出してくれるのか?

 

ぜひ音楽にも注目して見てみてください!

パーフェクトワールドの主題歌(OP/ED)は誰?

ドラマ『パーフェクトワールド』の主題歌については、現在のところまだ発表されていません。

 

どんなアーティストがオープニング曲やエンディング曲を担当されるのでしょうか?

 

勝手に予想してみたいと思います!

 

2018年に公開された映画版「パーフェクトワールド 君といる奇跡」の主題歌を振り返ってみます。

映画版は、E-girlsが歌われました。「Perfect World」という曲名で、映画の為に書き下ろされたものです。

 

主人公の樹とつぐみの気持ちの変化を表しつつ、E-girlsらしいポップさとバラードの大人っぽさもあって新鮮な曲と評判でした。

映画版は、主演が岩田剛典さんだったこともあり、同じ事務所のE-girlsが主題歌を担当されたのかな?と思います。

 

では、ドラマ版ではそのパターンもあるでしょうか…?

 

キャストを確認したところ、ジャニーズ事務所の6人組グループ〝SixTONES〟のメンバー、松村北斗さんが出演されることになっています。

樹の10年来の友人という役柄です。

 

SixTONESは2015年に結成され、最近では、2018年に引退された 滝沢秀明さんがプロデュースするなど注目度が高まっているグループのようです!

 

しかしまだデビューはしておらず、ジャニーズJr.のグループという位置付け。

 

インターネット上ではデビュー時期の予想がされていたりとファンからはデビューを心待ちにされている様子です。

 

今回松村さんが出演されるので、もしかしたらSixTONESが主題歌担当(&デビュー)をするのでは?!

 

と個人的には予想します。

 

ジャニーズ事務所所属の芸能人が出演するドラマはジャニーズが主題歌を担当することが多いことも有名なのが理由の1つと、もう1つあります。

 

映画版の主題歌は、女性アーティストのE-girlsだったという点です。

 

2004年に話題となった映画・ドラマの「世界の中心で、愛をさけぶ」を覚えていらっしゃいますか?

 

こちらの主題歌は、映画は平井堅さんで、ドラマは柴咲コウさんが歌われました。

 

それぞれ男性目線と女性目線の歌詞で話題となりましたね。

 

『パーフェクトワールド』も同じようなパターンもあるのでは?と思います(^ ^)

 

また、音楽担当の菅野祐悟さんも作曲家さんなので、菅野さんの曲も使用されるのかなと期待します。

 

オープニング曲は菅野さん作曲、エンディング曲はSixTONESの歌 となるのかなと予想しますが…実際はどうなるでしょうか??発表が待ち遠しいですね!